ネット婚活で起こりやすいトラブルとは

>

ネット婚活ゆえに起こるトラブル

「マッチングを恋人成立と勘違いする」

婚活サイトではマッチングしてから、やり取りが始まるので、「マッチングは知り合った」程度の関係性なのですが、なかには「マッチングしたらすでに恋愛関係」であると勘違いするケースもある様です。
このタイプの人のメッセージはいきなりなれなれしいものが多く、その段階で関係を切られる事も多いようですが、このタイプの人に会うといきなり過度なスキンシップを求めてくるようです。
恋愛経験が少なく、結婚を急いでいる人ほどマッチングしたチャンスを逃がしたくない為に、このような付き合い方をしてしまうようです。

勘違いをしているようなら、関係を断つか、まだもう少し相手を知りたいのならシッカリと「まだ、付き合って無い」という事が必要だと言えます。

「ストーカー被害」

ネット婚活は、多くの人と気軽に知り合える幅広い出会いの場ですが、幅が広いという事はさまざまな人とも知り合ってしまい、トラブルに巻き込まれるケースがあります。
その中でも、ネット婚活に多いのが「断った相手がストーカーになるケース」です。
ストーカーの最も特徴的なことは、「自分の行動は好意の表れなので、相手が迷惑していると感じなかったり、エスカレートすると自分は好意を寄せているのに相手が応じないのだから、相手が悪い」と言うような、思い込みが激しく、まったく加害者意識が無い事が最大の問題です。
サイト内のやり取りの場合には、非表示、ブロックで対応し、具体的な被害が出た場合には、直ぐに弁護士と警察に相談しましょう。


この記事をシェアする